硫黄山(アトサヌプリ)

硫黄山(アトサヌプリ)の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硫黄山(アトサヌプリ)
撮影日 2004/08/23 07:33
硫黄山(アトサヌプリ)
撮影日 2006/09/17 07:27
 硫黄山は摩周湖と屈斜路湖の間にある標高510mの活火山で、アトサヌプリと呼ばれることもあります。アトサヌプリとは裸の山という意味で、その名のとおり噴気口の周辺には樹木が生えていません。
 硫黄山見物はこの場所からするわけですが、ここからは硫黄山の全容を見ることは出来ません。摩周湖の第三展望台からは硫黄山全体を俯瞰することが出来ます(噴気口は山の陰になってしまいますが)
 ちなみにこの硫黄山の駐車場は有料で、摩周湖第一展望台とセットで410円です(知床五湖も410円なんだけど、この10円って何なんだろう)
硫黄山(アトサヌプリ)
撮影日 2006/03/18 11:06
 冬の硫黄山です。硫黄山はわりと噴気孔の近くまでいくことが出来ます。遠くに見えている山は斜里岳です。
硫黄山(アトサヌプリ)
撮影日 2006/07/17 09:03
 硫黄山を訪れたなら、周囲の「つつじヶ原」にも是非目を向けてみて下さい、なんとも奇妙な光景が広がっています。ここの標高は150mしかありませんがハイマツが生えています。硫黄山周辺の強酸性の保水性の悪い土壌は過酷な環境に生きる高山植物しか生育を許さないのです。
 そんななか、6月中旬から7月中旬にかけてエゾイソツツジが可憐な花を咲かせます。この写真を撮った日には花のピークは過ぎてしまっていましたが、ちらほら咲き残っていますね。
硫黄山(アトサヌプリ)エゾイソツツジ
撮影日 2006/07/17 09:08
 これがエゾイソツツジの花です。なんとも地味な花ですが、この荒地に生きる植物にはふさわしい花なのかも知れません。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/93-2fa2d95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。