タウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タウシュベツ川橋梁
撮影日 2005/05/14 13:52
タウシュベツ川橋梁
撮影日 2005/05/14 13:44
 タウシュベツ川橋梁は糠平湖の東岸にある旧国鉄士幌線が通っていたアーチ橋で、糠平湖の水位が上昇する夏から冬にかけて水没してしまうことから幻の橋と呼ばれています。
 また糠平湖の西岸から音更川上流にかけて旧士幌線の橋梁群が保存されており、あわせて北海道遺産に指定されています。
 このタウシュベツ川橋梁へは国道273号線の丸山橋から湖の東岸を走る林道を通っていくわけですが、橋を見物した後は林道を戻ったほうがいいですよ。この林道一応糠平まで続いていますが、大人の頭くらいの落石が路上にたくさん転がっていますし、時間的にも国道に戻ったほうが糠平まで早く着きます。
  タウシュベツ川橋梁
撮影日 2005/05/14 14:03
 タウシュベツ川橋梁は立ち入り禁止です。これだけ老朽化してはいつ崩落してもおかしくはありません(立ち入り禁止じゃなくても空犬ならこんな橋は絶対渡りませんね)
 この橋は資源節約のためコンクリートと鉄筋の使用は最小限に抑えられ、中には現地で調達した砂利が詰め込まれていというかなり脆いものです。
タウシュベツ川橋梁
撮影日 2004/06/01 06:41
 この橋はダムの水位が上昇する夏から冬にかけて水没してしまいます。この年は水位の上昇が早かったようで、ほとんど水没してしまっていますね。
 この写真を撮影したのは早朝ですが湖岸にはすでに先客がいて、なんとアルプスホルン(3m位の巨大なやつ)を吹いていました。世の中色んな人がいるもんです。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/86-b7cd2dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。