キムアネップ崎

キムアネップ崎の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キムアネップ崎
撮影日 2005/09/11 13:51
 幌岩山のサロマ湖展望台から湖の東側を見ると地図の形そのままにキムアネップ崎がサロマ湖内に突き出しているのがわかります。
 キムアネップ崎は原生植物の宝庫で、春から夏にかけてハマナス・センダイハギ・ヒオウギアヤメが咲き誇り、秋にはサンゴ草の赤い絨毯が広がります。
 上の写真ではキムアネップ崎がサンゴ草で赤く染まっています。
キムアネップ崎
撮影日 2005/09/11 14:52
 サンゴ草自生地の周囲には木道があり、サンゴ草を楽しみながら散策することができます。
キムアネップ崎
撮影日 2005/09/11 14:43
 サンゴ草の赤と枯れ始めたヨシの淡いキツネ色、そしてまだ緑色の木々が素晴らしい色彩のハーモニーを作り出しています。
クリックで詳細地図を表示
参考リンク

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/79-4686cc21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アヤメアヤメ(菖蒲、文目 ''Iris sanguinea'')はアヤメ科アヤメ属の多年草。5月ごろに径8cmほどの紫色の花が1-3個つく。アヤメの名前は、花の付け根部分に黄色と紫の文目模様があることから付けられた。シノニム''I. orientalis''。古くは「あやめ」の名はサトイモ科のシ
2008/01/02(水) 13:51:08 | 植物辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。