サロマ湖

サロマ湖の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サロマ湖
撮影日 2005/09/11 13:58
 サロマ湖(佐呂間湖と表記する場合もあり)は北海道最大の湖で、周囲は90.24kmもあります。
 サロマ湖はオホーツク海の潮流が作り出した砂洲によって外海と区切られた海跡湖で湖水はほとんど海水と同じでホタテや北海シマエビの宝庫です。
サロマ湖
撮影日 2005/09/11 13:59
 このサロマ湖、あまりにも大きいため湖畔から見ると海にしか見えません。湖の全貌が見渡せてサロマ湖が湖だと実感できる場所は、この幌岩山(標高376m)山頂にあるサロマ湖展望台だけです。
 この展望台への車の上り口は2箇所ありますが富武士近くの登り口からの方が距離も短くお勧めです。幌岩山の東側の登り口は展望台のかなり手前にもトイレと駐車場があり、そこから展望台まで登山道のような遊歩道が伸びています。実はもっと先まで車でいくことが出来ます(空犬は騙されましたが歩くのが好きな方はどうぞ)
 ちなみに展望台への道は未舗装で道幅が狭いうえに急カーブが連続します。ガードレールの無い道の脇は急な崖になっていますので安全運転を心がけて下さい。
サロマ湖
撮影日 2005/09/11 13:50
 サロマ湖の湖面の色はサロマンブルーと形容されます。この写真は展望台から第一河口を望遠で撮影したものです。サロマ湖は季節によって海と繋がったり、閉じたりしていましたが現在は河口を工事して通年海と繋がっています。
サロマ湖
撮影日 2003/11/02 16:11
 展望台からサロマ湖の西側を写しました。夕焼けの色を映した湖面の薄紅色がきれいです。写真中央の建物は道の駅「サロマ湖」、ここから展望台までの登山遊歩道が伸びています。
サロマ湖
撮影日 2004/02/19 13:16
 サロマ湖の外海は冬には流氷で埋め尽くされます。この写真はサロマ湖の西側から伸びる砂洲の先端近くにある三里浜の竜宮台展望台からの眺めです。
 写真の右手が外海(オホーツク海)で左手前にある歌碑は竜宮台の名付け親でもある明治時代の文人大町桂月のものです。
サロマ湖
撮影日 2003/11/02 15:21
 サロマ湖の東岸にあたる栄浦はオホーツク沿岸には珍しい夕陽の名所です。なにせ151.86キロ平方メートルという大きな湖ですので湖越しにみる夕陽はまるで海に沈む夕陽のようです。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/78-6bf17a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。