卯原内サンゴ草

卯原内サンゴ草の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卯原内サンゴ草
撮影日 2004/09/11 14:17
 卯原内は網走市の北西にある能取湖の南端の地区で、日本最大のサンゴ草の群落地で知られています。
 卯原内のサンゴ草の見頃は例年9月の中旬ぐらいですが、サンゴ草はゆっくり赤くなっていき、赤くなっている期間もわりと長めなので混雑のピークを外してゆっくり楽しむのも手かもしれません。
卯原内サンゴ草
撮影日 2006/09/18 07:44
 これがサンゴ草です。サンゴ草は通称で和名はアッケシソウです(日本では厚岸で最初に発見されたことに由来します)
 サンゴ草は塩分を含んだ湿地に生育するアカザ科の一年草で10~20cmくらいの高さに成長し、夏は緑色をしていますが秋になると徐々に赤くなります。
 しかしアップで見るとなんだかちょっと不気味な感じもしますね。
卯原内サンゴ草
撮影日 2006/09/18 07:19
 サンゴ草はこの木道の上から観察できます。毎年9月中旬にさんご草まつりが開催され駐車場には屋台や芸能ステージができ、そのときはこの木道が人で埋まります。
卯原内サンゴ草
撮影日 2006/09/18 07:19
 能取湖では野鳥もたくさん見ることができます。シギ、ガン、カモ、ときにはオジロワシも飛来するようです。
 それにしても今回アップした写真は赤一色ですね。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/71-c055245b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。