北海道命名ゆかりの地

北海道命名ゆかりの地の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道命名ゆかりの地
撮影日 2006/05/20 14:05
 北海道の歴史は松浦武四郎という人物抜きには語れません。そもそも北海道という地名は武四郎の提出した案が基になっています。
 この碑は武四郎がこの地でアイヌの古老から聞いた話をもとに北海道の名前を考えたことを記すものです。
北海道命名ゆかりの地
撮影日 2006/05/20 14:01
 この北海道命名ゆかりの地へは国道40号線の音威子府村筬島(おさしま)を過ぎたあたりに看板(見落としやすい)がありますので、そこから手塩川の河川敷きに入って行きます。
北海道命名ゆかりの地
撮影日 2006/05/20 14:03
 周囲には武四郎の略年譜と命名のいわれ、そして「北海道命名の地」の簡素な碑以外なにもありません。もちろんソフトクリームなんか売ってませんし武四郎饅頭も売ってません。
 蛇行しながらゆっくり流れる手塩川と川向こうに走る宗谷本線の古ぼけた線路は武四郎の時代からの北海道を思い起こさてくれます。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
ヌマチチブさんへ
略歴看板は以前はなかったんですか。
そういえば新しいですね
手塩川の北海道遺産指定の関係ですかね。

アイヌの人たちの煮炊きしたものを
一緒に食べるなどということは
当時の日本人には考えられなかったことのようですからね。
そんな武四郎だからアイヌの人たちの協力と信頼を得られたんでしょうね。
2007/08/02(木) 22:20 | URL | 空犬 #I4z6eAiM[ 編集]
嗚呼、武ちゃん
今、天塩川流域では、松浦武四郎ツアーとか開催していて、略歴看板は以前はなかったと思います!(ツアーは以外に人気なのだとか)

そして、日本第4位の流路を誇りつつ、ほぼ手付かずの自然が残る、奇跡の天塩川とのコントラストが見事です!
身分制度の厳しかった時代の教育を受けつつ、その土地の人々との交流に重きを置いた武ちゃん。

ここ、命名の地は、そんな武四郎マインドを直に感じる場所ですね!今度、お借りします。
2007/08/02(木) 21:18 | URL | ヌマチチブ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/34-b1450b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。