三毛別羆事件現地

三毛別羆事件現地の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三毛別 羆事件 復元跡地
撮影日 2013/06/30
三毛別(さんけべつ)羆事件は大正4年に発生した、日本史上最大規模の獣害事件で、 冬籠りに失敗した手負いの羆(ヒグマ)が民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負いました。
この写真は現場に復元された民家とヒグマの木彫です。 三毛別 羆事件 復元跡地
撮影日 2015/06/30
現場は国道239号線から18キロも入った行き止まりの道の先にあり、相当な物好きでなければ訪れることはなさそうな場所ですが、 相当な物好きは結構いるようです(笑
三毛別 羆事件 復元跡地
撮影日 2015/06/30
事件の概要はこの説明板の通り。もっと詳しく知りたい方には吉村昭の小説「羆嵐」を一読することをお勧めします。下手な恐怖小説よりよっぽど怖いです。
北海太郎
撮影日 2010/08/22
苫前町郷土資料館に保存されている、捕獲されたヒグマとしては日本最大級の北海太郎の剥製です。このヒグマで体重は500㎏、三毛別のは340㎏といわれていますから、木彫のクマの大きさはかなり誇張されてます。本当にあんなのがいたら軽く1トンは越えてしまいそうです。でも恐怖感は充分伝わりますね。ちなみに道内最大のクマの置物は長万部の御土産屋の屋根の上にあります、あれは大きすぎて笑ってしまう。
三毛別 羆事件 復元跡地
撮影日 2015/06/30
復元された民家の内部です。こんな家で北海道の冬を過ごしていたのかと思うと、ヒグマの襲撃事件もさることながら、先人の開拓の労が偲ばれます。
クリックでgoogle map表示
参考リンク

写真はすべてクリックで拡大します!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/322-79ef6f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。