昭和新山

昭和新山の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和新山
撮影日 2006/05/05 05:45
 昭和新山は洞爺湖近くの農地が昭和18年にいきなり隆起をはじめ昭和20年には407mの高さにまで成長したもので、国の特別天然記念物に 指定されています。
 ブロンズ像の主は戦時下にありながら火山成長の記録を克明に記録した当時の壮瞥町郵便局長三松正夫氏で、戦後はこの周辺の土地を 買収し保全に努めた方でもあります。このため昭和新山は現在も三松家の所有となっています。
昭和新山
撮影日 2006/05/05 05:45
 現在昭和新山の隆起活動は収まっていますが、山腹からは噴気が立ち上っています。特徴的な赤い山肌は隆起前の土壌が火山の熱で焼けただれて 出来たものです。
昭和新山
撮影日 2006/05/05 05:46
 振り返ると有珠山が聳えています。周囲は甚だしく観光化されていますが訪れたのが早朝5時で人っ子一人いませんでした。
昭和新山
撮影日 2006/05/05 06:47
 洞爺湖から見た昭和新山。ここからも噴気活動が確認できます。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/12(日) 23:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/255-9f455b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。