パッチワークの路

パッチワークの路の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パッチワークの路
撮影日 2007/07/15 07:45
 パッチワークの路とは美瑛町の中央を通る国道237号線を挟んで西側のエリア内を走る農道の総称です。
 このエリアには「ケンとメリーの木」「セブンスターの木」「親子の木」すこし離れて「マイルドセブンの丘」などの観光スポットがあります。
パッチワークの路
撮影日 2006/07/09 08:23
 この一帯は広々とした農地が広がります、その名のとおり整然と区画された畑に異なった作物が栽培されている様子はまさに大地のパッチワークです。
 これは何も観光用に行われているわけではなく、同じ作物を同じ畑に植え続けると生育が悪くなったり、枯れたりする連作障害という現象を避ける為に 行われているものです。
パッチワークの路
撮影日 2007/07/15 07:21
パッチワークの路
撮影日 2007/07/18 09:57
 この写真はマイルドセブンの丘の裏側あたりで撮ったものですが、丘の一角が赤茶色になってますね。これはタクネ麦(赤麦)といわれる 小麦の畑です。
 美瑛の風景の美しさを全国に知らしめた故前田真三氏の代表作に「麦秋鮮烈」という作品がありますが、これは夕日を浴びて真っ赤に染まるタクネ 麦を主題としたものです。現在タクネ麦はほとんど栽培されていません。この畑は美瑛町内の有志が結成した赤麦を復活させる会(現在は赤麦を守る会)が栽培したものです。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/253-6d5437f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。