尻羽岬

尻羽岬の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尻羽岬
撮影日 2006/07/16 17:34
 尻羽岬といわれて道産子でも「あ~あそこネ」という人は少ないと思います。尻羽はシレパと読みます(シリッパとも読むらしい)
 この尻羽岬には厚岸から国道44号線を釧路に向かい、尾幌で国道を分岐、途中仙鳳跡(せんぽうし)知方学(ちぽまない)去来牛(さるきうし)などというものすごい難読地名を通って岬入口の駐車場に到着します。
 北海道には難読地名が多いのですが、このあたりの難易度の高さは半端じゃない!
尻羽岬
撮影日 2006/07/16 17:34
 かって森進一が襟裳岬は何も無いと唄って住民から苦情が出たそうですが尻羽岬はそんな心配は皆無です。本当に何もありません。
 駐車場入口に落書きされたトイレと馬頭観音と海難者の慰霊碑そして地名を示す三角型の看板。  岬の先端までは道というより単なる踏み分け跡を約20分。たどりついたその先にはなにやら意味ありげな木が一本ぽつんと立っているだけ。
 ここからは大黒島と厚岸湾がよく見渡せますが大変霧の多い土地なので見える確率は低いと思われますね。
尻羽岬
撮影日 2006/07/16 17:34
 なんだか意味不明な写真ですが、ここを訪れたときの空犬の心象風景といいますか。この岬にこんな時間にひとりで居ると何とも表現しがたい寂寥感と「俺って何やってんの」という気持ちになります。そういうのって嫌いじゃないんだけどね。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/22-8335d9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。