根室車石(ホイールストーン)

根室車石(ホイールストーン)の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
根室車石
撮影日 2007/06/17 10:04
 根室車石は根室花咲灯台下の断崖にある放射状の柱状節理をもつ奇岩で、大きなものは直径6mにも及びます。
 国の天然記念物に指定されており、花咲灯台とともに根室十景のひとつともなっています。
根室車石
撮影日 2007/06/17 10:08
 周囲の様子も写すため16mmの超広角で撮影。断崖自体が柱状節理になっているのが分かります。
根室車石
撮影日 2007/06/17 09:56
 何故このような不思議な石ができたかというと、この辺りは白亜紀には海底になっていました。海底噴火で噴出した溶岩は海水で表面が冷やされ球形の岩が出来ます(これを枕状溶岩といいます)  後から噴出した溶岩は先に出来た岩を押し出し、これがどんどん重なっていきます。
 上の写真ではこの枕状溶岩が積み重なっている様子が分かります。この枕状溶岩の内部には放射状または同心円状の柱状節理があり、これが割れると断面が車輪のように見えるわけです。
 このあたりには大小様々な車石があるので例の親玉以外にもいろいろと探してみてはいかがでしょうか。
クリックで詳細地図を表示
参考リンク

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/21-78e0587f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
溶岩溶岩(ようがん)は、火山の火口から吹き出たマグマの流れと、それが固まってできた岩石。熔岩とも書く。冷えてできた溶岩は穴が多くあいており、密度は低い。これは、内部から火山ガスが吹き出ながら急速に冷えて固まったためである。一般的に、黒っぽい色をしているこ
2007/07/30(月) 08:16:39 | パワーストーンと鉱物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。