春国袋

春国袋の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春国袋
撮影日 2006/06/17 06:19
 春国袋(しゅんくにたい)は風連湖の東端をオホーツク海と隔てる長さ約8㎞、幅約1.3㎞の砂洲です。砂州の先端は 三つに分かれていますが、これはそれぞれ別の年代に発達したものです。
 この写真は春国袋入口の駐車場付近で撮影したものです。
春国袋
撮影日 2006/06/17 06:23
 ここから先はこの道の中を歩くことになります。春国袋を巡るこの道にはヒバリ、キタキツネ、アカエゾマツ、ハマナスコースと名前が付けられて います。ここを訪れたときは前年の台風のためヒバリコース以外は通行止めになっていましたが、現在ハマナスコース以外は復旧したようです。詳細は 春国袋ネーチャーセンターのウェブサイトで確認してください。
春国袋
撮影日 2006/06/17 06:27
 風蓮湖・春国岱はラムサール条約登録地で、この砂丘に自生するアカエゾマツは日本唯一のものです。
春国袋
撮影日 2006/06/17 06:38
 春国袋にはオオワシ、オジロワシ、オオハクチョウ、タンチョウ、コクガン、エゾシカ、キタキツネなど様々な動物が生息しています。タンチョウがいましたが、ちょっと遠かったですね。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/209-689c9830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。