函館聖ヨハネ教会

函館聖ヨハネ教会の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 函館聖ヨハネ教会
撮影日 2007/10/31 10:45
 明治6年にイギリス人のデニング司祭が函館に上陸し船見町に家を借り活動開始したのが英国プロテスタントの函館聖公会(現在の函館聖ヨハネ教会)のはじまりとされています。
 やはりこの教会も幾度かの火災による被害を蒙っており、現在の建物は昭和54年に完成したものです。
 函館聖ヨハネ教会
撮影日 2007/10/30 22:12
 この教会の建物の形は上から見ると十字架の形をした非常にユニークなものです。そのためちょっとどこが正面か分かりづらいのですが、 壁に十字の窓のある面が正面です。
 やはりこの教会もライトアップしています。ちなみに観光目的の内部見学は不可だそうです。
 函館聖ヨハネ教会
撮影日 2007/10/30 21:17
 函館山からの夜景です。写真の右下に三つの教会がライトアップされて写っています。これを見ると位置関係が良く分かると思います。
 教会の周りは住宅街で、灯りも少ないので肉眼でもはっきり確認できます。ただしライトアップは夜10時頃までだと思います。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/154-624f5412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。