立待岬

立待岬の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立待岬
撮影日 2007/10/31 10:10
 立待岬は函館山の南端にあたる岬で、岬からは亀田半島、松前半島、さらに津軽海峡をはさみ下北、津軽半島を望むことができます。
 立待岬の名はアイヌ語のヨコウシ(待ち伏せするところ、ここで魚を捕るため立って待つ)の和訳に因むそうです。この岬にはかなり広い駐車場が ありますが、岬までの道は一方通行で道幅も狭いので運転には気をつけてください。途中には石川啄木一族の墓があります。
立待岬
撮影日 2007/10/31 10:12
 岬の北側のは荒々しい断崖となっています。手前の岬が大鼻崎、遠くに霞んでいるのが松前半島です。
立待岬
撮影日 2007/10/31 10:13
 立待岬の東側の風景です。こちら側は函館の市街地と亀田半島を望みます。ここから半島先端の恵山岬は見えません、一番左に見えている岬は汐首岬です。
立待岬
撮影日 2007/10/31 10:09
 岬の先端には方位をしめした地図盤が置かれています。写真の左側に下北半島が写っていますが、もろに逆光ですね。
立待岬
撮影日 2007/10/31 10:25
 この写真は石崎町の「とるぱ」(とるぱについてはリンクを参照してください)から撮ったものです。函館山の形が良く分かりますね、夜にはなかなか良い写真がとれそうです。
 尚、立待岬には交通規制があり冬季、夜間は通行止めになります。詳しくは函館市のホームページを参照してください。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/144-2f8f2dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。