義経神社

義経神社の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義経神社
撮影日 2007/10/30 10:36
 北海道には源義経にまつわる伝説が数多く残されています。その多くは義経は平泉での難を逃れ蝦夷地に渡り、さらには蒙古に渡り ジンギスカンになったといういささか荒唐無稽とも思える伝承が基になっています。
 この義経神社はその伝説の集大成ともいえる神社で、幕末の探検家、近藤重蔵が蝦夷地を探検した際、この地のアイヌ民族が 義経を崇拝していることを知り、江戸の仏師に作らせ寄進したという義経の像をご神体としています。
義経神社
撮影日 2007/10/30 10:30
 しかし何故、義経神社が平取に建立されたのかについては、平取(びらとり)近くのハヨピラという地がアイヌ民族の文化神オキクルミカムイが地上に降り立った聖地とされいたことから、 この平取に神社を建立することにより義経とオキクルミカムイを同一視させ、和人への従属を促したという説があります。
 義経がアイヌ民族に毒矢の作り方や、熊狩りの方法を教えたなどという伝説はあんまりだと思いますが。
義経神社
撮影日 2007/10/30 10:31
 伝説はさておき、この神社の境内の紅葉は見事でした。今年の北海道の紅葉はあまり冴えない感じだったのですが、ここで鮮やかな赤色に出会うことが出来ました。、
義経神社
撮影日 2007/10/30 10:40

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/143-870b3550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。