屈斜路湖

屈斜路湖の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屈斜路湖
撮影日 2005/10/09 08:00
 屈斜路湖の周囲は57km最大水深117m。北海道で二番目に大きな湖で、カルデラ湖としては国内最大の大きさを誇ります。
 この大きな屈斜路湖を俯瞰することができるのは美幌、津別、野上、小清水の四つの峠と摩周湖第三展望台です(野上峠と摩周湖第三展望台から全貌は見えませんが)写真は小清水峠付近からのもの。
屈斜路湖
撮影日 2004/03/21 15:13
 屈斜路湖は白鳥の飛来地としても有名です。冬に湖面は凍結しますが、ところどころ温泉が湧き出ているため解氷面ができ、そこで毎年4~500羽の白鳥が越冬します。
 おもな越冬場所は、岸辺を掘れば温泉が出てくる砂湯と半島の根元に温泉が湧く和琴半島で、ここの白鳥は人馴れしたのが多く、餌をねだります。温泉・食事付という結構な身分の白鳥たちですね。
屈斜路湖
撮影日 2006/09/17 06:30
 前述しましたが屈斜路湖は温泉の宝庫で、無料の露天風呂が点在しています。これは和琴半島の付け根にある和琴温泉。
 夏はここまでは車で入れませんが、それ以外の季節は温泉近くまで乗りつけることが出来ます。近くにトイレもあるので、空犬お気に入りの車中泊スポットとなっています。
屈斜路湖
撮影日 2006/03/18 08:46
 和琴半島の先端にオヤコツ地獄という場所があり、赤茶けた急な崖の所々から噴煙が上がっています。安政5年にこの地を探検した 松浦武四郎は「火杭(ボッケイ)が黒煙を吹出し、響きは遠くからも聞こえる。日暮れにはその火が湖面に映って昼のように明るい」と記していますので、 当時は今より火山活動が活発だったようですね。
 正面の中島は周囲12kmという巨大な無人島で、湖中島としては日本最大のものです。その中島の左に見える山が藻琴山、この山からの眺めが一枚目のものです。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/138-251700e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今年も、北海道の混浴露天風呂シリーズが続きます。今回は和琴温泉。屈斜路湖には和琴半島という小さな半島がありまして、そこに何ヶ所かの温泉が沸いております。その一番手前にあるのが、この巨大露天風呂です。
2008/01/04(金) 06:47:49 | 放浪者の平日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。