トドワラ

トドワラの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トドワラ
撮影日 2006/07/17 14:16
 トドワラとは根室海峡に背中を曲げた海老のように突き出た野付半島の内湾側に、立ち枯れたトドマツの林が広がっていた場所ですが、今はトドワラ跡になりつつあります。
 立ち枯れたトドマツの多くは倒れ、まるで白骨のように湿原に転がっていますが、この倒木も風化が進み土に帰ろうとしています。
トドワラ
撮影日 2006/07/17 14:11
 野付半島ネイチャーセンターから約1.5km歩くと、遊歩道の先端に到着します。このあたりは若干土地が隆起していて、最後まで枯死を免れていたトドマツが倒れずに残っています。
 このトドマツは半島の地盤沈下で地下に海水が浸透した為に枯死したもので、昭和29年の洞爺丸台風の際の冠水がこれを加速させたと言われています。
トドワラ
撮影日 2004/06/01 15:36
 野付半島は海流によって運ばれた砂が堆積して出来た砂嘴で、海抜がほとんど無いため、晴れた日には半島のどこからでも知床の山々がはっきりと見えます。写真中央やや右の山が羅臼岳で、知床連山の最高峰です。
トドワラ
撮影日 2006/07/17 14:47
 トドワラといえば荒涼とした死の世界というイメージが強いのですが、枯死した木々が倒れ、太陽の光を取り戻した湿原はハマナスやエゾカンゾウが咲き誇る花園へと変わりつつあります。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/tb.php/102-a9a6f6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。