積丹ニセコエリア

積丹ニセコエリアの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神仙沼
撮影日 2006/06/25 17:42
神仙沼
撮影日 2006/06/25 17:38
 神仙沼はニセコ山系内の海抜750mの高層湿原内にある周囲約400m最大水深2mの小さな沼ですが、アカエゾマツやダケカンバに写しこむ 静かな湖面は見る者の心を惹きつけます。
 道道66号線沿いの神仙沼自然休養林休憩所(レストハウス)から神仙沼までは徒歩約15分、ほとんど平坦な道のりです。
神仙沼
撮影日 2006/06/25 17:44
 この沼が発見されたのは昭和3年、日本ボーイスカウト生みの親といわれる下田豊松氏一行により発見されたこの沼は「神、仙人が住みたもうような 神秘的な沼」とのことから神仙沼と命名されました。
神仙沼
撮影日 2006/06/25 17:49
 神仙沼周囲の高層湿原の中には無数の池塘が点在し、それらを縫うように木道が設けられています。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

スポンサーサイト
窓岩(神恵内村)
撮影日 2006/08/14 10:07
 北海道に窓岩と呼ばれる岩は空犬が知っているだけでも四つあります(ネーミングとしては安直だからね)その窓岩の中で、この神恵内村の窓岩が たぶん一番有名だと思います。
窓岩(神恵内村)
撮影日 2006/08/14 10:04
 積丹の青い海と窓岩が織りなす雄大な風景です。 このあたりは1996年に国道229号線が全面開通するまで海路しかない陸の孤島でした、窓岩の奥に見えているのが「西の河原」 と呼ばれる霊場で積み上げた石を崩しても翌朝には元通りになっているという伝説があります。 
窓岩(神恵内村)
撮影日 2006/08/14 10:13
 窓岩は見る場所によってかなり違った形に見えます。これはあんない展望公園から見た窓岩です。ここから窓岩の窓は見えませんが、ここから見る岩の形はとても気に入ってます。
窓岩(神恵内村)
撮影日 2006/05/04 16:07
 あんない展望公園は安内小学校跡に造られた展望台つきの公園で、国道沿いに駐車場があるので、そこから階段を登るとほどなく双眼鏡が設置された 展望台につきます。そしてそこで待っているのは悲しげな顔で海を見つめる真っ白な三人の家族の像です。
 ここからの展望も忘れられないほど素晴らしいのですが、この三体の像はもっと忘れられないですよ。夜中に夢の中に出てきそう。
 写真を見たい人はここをクリック(笑えるというかかなり不気味)
窓岩(神恵内村)
撮影日 2006/08/14 10:16
 口直しにあんない展望公園から見たジュウボウ崎と西の河原方面の写真をどうぞ。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

ローソク岩
撮影日 2006/06/25 10:15
 積丹半島の海岸沿いを走る国道229号線は断崖や奇岩の連続するルートですが、なかでも目を引くのがこのローソク岩です。
 ローソク岩の高さは46mもあるそうです。岩のそばの船に乗っている人と比べるとその大きさが分かりますよ。よく見ると岩の上には神社が祀られていますね。 このローソク岩にはいくつか伝説があるそうです、まあこれだけの奇岩ですから人々のイマジネーションをかきたてずにはいられないでしょう。
ローソク岩
撮影日 2006/06/25 10:18
 余市よりの島泊漁港から見たローソク岩です。この岩は以前はもっと太かったのですが地震の津波で半分に割れて現在の太さになってしまったのだとか。
ローソク岩
撮影日 2007/11/05 06:53
 古平の漁港から見たローソク岩です。こちらから見るとさらに細く見えますね。写真一番右の岬がワッカケ岬、その奥の頭が尖って見える岬が 烏帽子岬です。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。