知床エリア

知床エリアの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しおかぜ公園
撮影日 2015/10/12
少しは絵になる状況で撮影したので、記事を更新。夜明け前の水平線に国後島のシルエットが浮かび上がっています。
しおかぜ公園
撮影日 2007/08/14 05:50
 しおかぜ公園は羅臼町のはずれにあるとても小さな公園です。知床の観光スポットとして紹介される知床八景は中間点の知床峠を除いて すべてウトロ側にあります。羅臼側にはこれとは別に羅臼八景が選ばれており、このしおかぜ公園もそのひとつです。
しおかぜ公園
撮影日 2007/08/14 05:49
 知床のご当地ソングといえば知床旅情につきますが、実は原題は「サラバ羅臼」というもので、戸川幸夫の「オホーツク老人」という小説を 原作とした「地の果てに生きるもの」という映画のロケの際、羅臼の人情に感銘を受けた主演の森重久弥が即興で作ったものがもとになっているそうです。
 公園にあるのはこの像と歌碑、それとベンチぐらいで観光地としてそれほど多くのものを期待してはいけません(苦笑)
しおかぜ公園
撮影日 2007/08/14 05:50
 公園から見た羅臼漁港です。公園からの景観は特に優れているというわけではありませんが、しおかぜ公園の位置の把握には役立つかなと。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

スポンサーサイト
サクラの滝
撮影日 2010/08/02 15:22
 さくらの滝は清里町にある高さ4m弱の小さな滝ですが、6月下旬から8月上旬にかけて、 遡上するサクラマスのジャンプが見られます。
サクラの滝
撮影日 2010/08/02 15:22
 滝の全景はこんな感じです。流れている川は斜里川で、ほぼ垂直に落ちる滝をサクラマスが勢いよくジャンプを繰り返します。
 この辺りはもちろんヒグマの生息地ですが、駐車場から滝までの距離は50mぐらいで、シーズン中は 訪れる人も多く、それほど怖い思いをせずに行けると思いますが、 一応の鈴とかの用心はしたほうがよいかもしれません。
サクラの滝
撮影日 2010/08/02 15:55
 ジャンプするサクラマスを撮影するには1/2000秒ぐらいのシャッタースピードが 欲しいところですが、この日は曇天でシャッタースピードを稼げず、ISO1600まで上げたので、画質的には 厳しいですね。
 このサクラマスのジャンプ、見ているとほとんど成功しません。それでも必死にジャンプを繰り返す 姿には心打たれます。そんな中、稀に滝を登りきるサクラマスを見ると元気がでますよ。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

遠音別川
撮影日 2006/09/17 10:52
 秋の訪れとともに知床の河川にはサケやカラフトマスが帰ってきます。この遠音別川(オンネベツガワ)にも毎年多くのサケ・マスが遡上し、 その様子は国道334号線にかかる遠音別橋から観察することができます。
遠音別川
撮影日 2006/09/17 11:45
 河口から200mほどのところには何故か堰が造られていてサケ・マスの遡上を阻んでいます。さかんにジャンプする姿が見られますが殆どはこの堰を越えられず流れに 押し戻されていました。小一時間ほど撮影しながら見ていましたが堰を越えたものはいませんでした。写っているのはカラフトマス(セッパリマス)です。
遠音別川
撮影日 2006/09/17 10:39
 遠音別橋の脇には駐車場が整備され川沿いに観察スペースが造られています。遠音別川河口は水深が浅く遡上するサケの姿を本当に間近に見ることができます。
遠音別川
撮影日 2005/10/09 10:25
 橋から見た遠音別川河口の様子。

写真はすべて1024×768の壁紙サイズです、クリックして大きな写真をお楽しみ下さい!
人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。